SCHOOL OF GRAPHIC DESIGN

0

    12_5-FM-school_design-1



    アートディレクター4人が、

    デザインを学ぶ若い人のために執筆したデザインの教科書、

    「スクールオブ デザイン」の第二弾です。


    その4人のアートディレクターとは、

    古平正義さん、平林奈緒美さん、水野学さん、山田英二さんです。




    第一弾では、デザインに対する心構えを伝え、

    第二弾では、クリエイティブの現場での取り組みなどを語られています。



    基本的には「若者向け」とうたっている本書ですが、

    もう若者とは言えない僕が読んでも参考になる考え方が多々ありました。


    やはり第一線で活躍している人達は、

    自分をしっかり理解し、自信を持っている。そして自分に厳しく、他人に厳しい(笑)

    読んでいるとお尻を叩かれる思いが何度もしました。僕だけかもしれませんが…。




    この本は、各ディレクターにそれぞれ、1問1答形式で話が進みます。

    例えば

    「アイデアはどこからやってくる?」

    「アートデレクションとデザインについて」

    「手作業はしていますか?」

    「若いときにすべきこと」

    「スランプはありますか?」など。


    そんな感じの質問が次々となげられているので、

    自分もそれに答えながら、

    4人のディレクターの考え方、仕事の取り組み方とを見比べてみると

    更に面白く読めると思いました。


    これからデザインの仕事に就きたい人や

    今、この業界に携わっている人は一度、目を通す価値がある一冊ではないでしょうか?



     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/03/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode