内田伸哉 「プレゼンのアイデアノート 51」

0
     
    12_4-FM-Idea_note-1



    前々から、感じていたこと。

    まったく異なる2つの職業の考え方をうまく掛け合わせ、

    良い視点で落とし込んだとき、

    とても面白いことが起こるのでは?と。




    今回ご紹介する一冊は、

    電通コピーライターという肩書きと、

    マジシャンという、まったく違う職業についている内田伸哉さんが書いた

    「プレゼンのアイデアノート 51」という本です。


    「iPad magic」と聞けば、知っている人も多いのではないでしょうか?

    内田さんは、iPadを使ってテンポ良くいろんなマジックをしています。

    初めて見たときは「面白いところに目をつけたなぁ」と感心しました。



    そんな内田さんがコピーライティングとマジック、

    その2つの手法から生み出したプレゼンの様々なノウハウを、

    いろんなシチュエーションにあわせて

    プレゼン方法の提案をされています。

    それに対しての例え話があり、

    簡単なイラストを添えて簡潔にまとめあげ

    とてもわかりやすい内容となっています。


    読んでいる最中に

    「この本の内容自体が読者に対し、プレゼンテーションをしているのでは?」と

    感じさせられる面白さもありました。




    プレゼンですべきこと、してはいけないこと、

    マジシャンとしてのプレゼン術、そしてマインド操縦法。


    お仕事に対してだけでなく、

    家族や友達に何かしらの「提案」をする際に、

    使えるノウハウがたくさん載っている一冊でした。






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/03/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode