ヒューゴの不思議な発明

0

    12_3-FM-Hugo-1


     先日、
    「ヒューゴの不思議な発明」という映画を観てきました。


    この映画はゴールデングローブ賞の監督賞や

    第84回アカデミー賞で11部門にノミネートされ、

    5部門で受賞を果たしたこともあって

    知っている人も多いのではないでしょうか?


    監督は「タクシードライバー」や「ディパーテッド」の

    マーティン・スコセッシで

    これまでの彼の作品とは良い意味で違っていて、

    大人から子どもまで楽しめ、心温まる作品となっています。



    劇中に出てくる『ジョルジュ・メリエス』は実在する人物で、

    世界初の映画監督と言われているメリエスが

    映画を制作しているシーンなどが使われており、

    そしてまた、

    当時のその他の映画もたくさん登場し、

    マーティン・スコセッシの映画に対しての

    尊敬と愛情がとてもよく伝わってきました。

    特に

    そのジョルジュ・メリエスが世界で初めて撮ったと言われているSF映画、

    『月世界旅行』の制作シーンはとても興味深かったです。

    実際にその映画を観たくなりました。




    映像の美しさ、

    登場人物の純粋な感情やふれあい、

    そして映画創成期のオマージュと3Dの融合。

    すべてが素晴らしく

    久しぶりに「美しいもの」を観た気がしました。



    僕は3Dというものは

    あまり中身がなくてもいいという

    印象を持っていたのですが、

    中身が備われば

    ここまでクオリティーの高い映画を

    見せることができるのかと本当に驚きました。

    他の3Dの映画は

    無理に3Dで観なくても...と

    感じたりしていましたが

    「ヒューゴの不思議な発明」に関しては

    できるだけ3Dで観た方がいいと思います。

    映像のキレイさはもちろんですが

    ここまで3Dで人の表情がいきる映画は

    初めて観た気がしました。


    こんな映画が今後、

    どんどん出てくることを願っています。





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/03/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode