井上篤夫 「志高く 孫正義伝」

0
     
    12_2-FM-SonMasayosi-1



    孫正義さんの書は、

    最近では書店に『あんぽん 孫正義伝』が平積みされているのを見ますが、

    今回は、井上篤夫さんの著者『志高く 孫正義伝』をご紹介します。



    この本に目を通すまで、僕の思う孫正義さんは

    「いつもニコニコしている無邪気なおじさん」でした。

    もちろん、

    普通の人にはなかなか出来ないことを成し遂げてきたというのは知っていましたが、

    やはり「孫正義さんのイメージは?」と聞かれるとニコニコしてるおじさんでした。

    ところが、

    この本を通して学生時代から現在までの思考、行動、着眼点の凄さを知れば知るほど

    「ニコニコおじさん」とはかけ離れたものがありました。





    孫さんには15歳下の泰蔵さんという弟がいます。

    その泰蔵さんは孫さんのことを


    「人一倍、手堅いと思います。でも、橋を渡ると決めたらダンプカーで進む」


    と表しています。


    この本にある孫さんは、

    まさに、この「ダンプカー」という表現が

    なるほどぴったり当てはまる気がしました。



    その泰蔵さんが受験勉強をする際に、

    孫さんが教えた計画表の付け方に僕は興味を持ちました。


    365日を12(月)ではなく14で割り、

    本来なら1カ月かかることを、1年の14分の1、つまり26日間で終わらせるという方法です。

    その1カ月に空いた4、5日を予備日にすることで精神的に余裕が生まれ、

    仕事の能率もあがるというのです。

    また、計画表の進行状況に色で印をつけ、

    途中までしか出来なかった部分に対し、なぜ出来なかったのかをしっかりと分析し、

    最終的にすべてを完了させる計画表にしないといけないということです。

    「中途半端」という言葉を孫さんは持ち合わせていないのでしょう。





    もちろん「孫正義伝」なので、

    少年時代からアメリカでの学生時代、

    そして事業家として挑戦しつづけた波乱にみちたエピソードを

    この一冊で知ることができます。



    そして最後に、

    【解説】でファーストリテイリングの柳井正さんが

    「この本を読んで感心するだけではだめ、感動したのなら行動してほしい」

    「私は脇役や傍観者では、生きている意味がないと思います」と書いています。

    本当にその通りで、ドキッとしてしまいました。

    日本人特有の勉強ばかりの頭でっかちにならないよう、しっかり行動し

    少しでも(少しと言ってる時点で駄目かもしれませんが)

    全力で前に進みたいと思います!






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/03/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode