「戦う自分」をつくる13の成功戦略

0
     
    11.8-FM-13seiko-1

    本書は、たくさんの著書を出されているワタミ株式会社の渡邉美樹さんに

    『この本を読んで、もう「夢」に関する本を書くのはやめようと思った』と言わせるほど、

    夢を実現させる「考え方」をわかりやすく紹介しています。


    冒頭で13の成功戦略が簡潔に紹介されていて、

    そして様々な的確な事例を使って、本当にわかりやすい内容になっているので、

    とても読みやすいと思います。

    (こんなにたくさんの人たちの「言葉」をよく知っているなぁと

    すごく感心してしまいました。)


    本書の著者、ジョン・C・マクスウェルは、世界中で有名なコンサルタントで

    「世界一のメンター」と言われている方で、

    どんな人物で、どういった考え方をしているのかとても興味があり、

    本書を手にとってみたのですが、主に書かれていることは成功するための考え方について。

    そして行動することの大切さ。

    大げさに言ってしまえば、ほとんどこれだけなのですが

    何度読んでも「自分の今の状態」を再確認させてくれるので

    僕にとって、毎回背筋を伸ばし、前を見つめ直させてくれる一冊です。 



    最後に、

    本書の中で気に入っている事例や言葉は本当にたくさんあるのですが、

    その中でも今、もっともお気に入りの事例を紹介させていただきます。


    プロゴルファー、アーノルド・パーマーのオフィスの壁にかかっているモットーです。

    「負けたと思った時点で、負けが決まる」

    「挑戦できないと思った時点で、挑戦は終わる」

    「勝ちたいけれど勝てないと思った時点で、勝負がつく」などなど。


    自分の限界を勝手につくらず、最後まで自分を信じて前に進もうと思います。




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/03/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode