長新太2

0
     
    11.7-FM-tyo-2

    以前、長新太さんの絵本を取り上げさせていただきましたが、

    あれから更に、長さんの絵本を数冊読みました。

    本当にどれをとってもニヤニヤしながら読んでしまう作品ばかりでした。

    長さんの絵本は、カフェや電車の中で読むものではありません。

    (笑ってしまって、素の顔では読めないですから)


    それだけに子供が長さんの絵本に目を通したとき、

    どんな反応をするのか興味がありました。

    絵本というのは多くは子供向けに作られています。

    ただ長さんのように奇想天外な発想は、大人にこそウケるのであって、

    はたして子供にはどうだろうと気になっていました。

    そこで、最近ようやく会話らしい会話が出来始めてきた僕の子供に読ませてみたところ、

    僕とまったく同じところで笑っていました。

    僕の子供だから笑うところも同じなのかもしれませんが、長さんの絵本は

    子供の心もしっかり掴むということがわかりました。(当たり前?) 


    今回の、このブログを読んで更に気になった方は

    ぜひお子さんにプレゼントしてみてはどうでしょうか?きっと喜ばれると思いますよ!




    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:72 最後に更新した日:2018/03/24

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode